切花・鉢物ギャラリー
ホーム > 秋彼岸について

秋彼岸について

業務内容

橋本生花-彼岸花 ご存知の方も多いと思いますが、2015年の秋彼岸は、

9月20日(日)~9月26日(土)までの7日間となります。

秋分の日を「中日」として、前後3日間が、秋彼岸となります。

尚、春彼岸についても同様で、春分の日を「中日」とした前後3日間が春彼岸となります。

また、故人が亡くなった初めて迎える彼岸は、「初彼岸」と呼ばれて、特別な何かをしなければならないことはないのですが、家族がそろってお墓参りに足を運ばれる方が多いようです。

彼岸について

彼岸の中日である秋分の日と、春分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈む、昼と夜の時間がほぼ同じになる日です。

仏教では、死後に到達する悟りの世界を「彼岸」と呼び、その反対側で、私たち生者がいる迷いなどに満ちた現実世界を、「此岸(しがん)」と呼ぶそうです。

彼岸は西にあるとされ、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇り、真西に沈む秋分の日と春分の日は、彼岸と此岸がもっとも通じるという考えから、先祖供養をするようになったそうです。

国民の祝日に関する法律に於いても、秋分の日は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として定められております。

秋彼岸と花に関するお話

橋本生花-おはぎとぼたもち 彼岸に、「おはぎ」や「ぼたもち」を仏壇にお供えするご家庭は多いのではないでしょうか。

日本に於いて、「小豆」は縄文時代より、生活に欠かせない食品だったとされています。

小豆の赤色には魔除けの力があるとされ、祝いの席や儀式の際、赤飯や砂糖を混ぜて餡子にして捧げられてきました。

その習慣が、五穀豊穣の意の「餅」、魔除けの意の「小豆」に込められ、「おはぎ」や「ぼたもち」となり、祖先への感謝、家族の健康を願って、墓前や仏壇に供えるようになったと言われています。

この「おはぎ」と「ぼたもち」名前の由来は「花」とされています。
橋本生花-萩の花とぼたんの花 小豆の粒が、秋の七草である「萩」の花と似ていることから「萩餅」、それが丁寧に「お萩餅」と呼ばれるようになって、今では「おはぎ」という呼び方になったとされています。

一方、「ぼたもち」は、春に咲く「牡丹」の花を、小豆の粒に見立てて「ぼたん餅」と呼ばれるようになり、今では「ぼたもち」という呼び方になったとされています。

「おはぎ」と「ぼたもち」自体に大きな違いはないとされていますが、地域やお店、風習によって定義が異なるようです。
粒あんや、きな粉をまぶしたものを「おはぎ」、こしあんを使ったものを「ぼたもち」と呼ぶところもあれば、「おはぎ」は、蒸した餅米を、粒を残す程度にこねて、粒あんで包んだものとして、「ぼたもち」は、蒸した餅米をついて、餅にした上で、こしあんで包んだものとしているところもあるようです。

最近ではこの定義は崩れつつあり、春の彼岸でも「おはぎ」を販売するお店も出てきました。

いずれにせよ、小豆と餅米を用いることに変わらず、あとは地域の風習によるところが大きいようです。

あなたの地域の「おはぎ」と「ぼたもち」はどのような形ですか?